SemioticTransfer AG、ついに東南アジアに進出!

Bangkok_Bild

バーデンに本社をもつスイス系翻訳会社SemioticTransfer AGが、今年始めからアジア拠点としてSemiotic Transfer-Asiaをバンコクに設立しました。

SemioticTransfer AGはスイス・タイ商工会議所の一員です。

Swissthai_Semiotictransfer


11月12日には、Semiotic Transfer AG社長Arno Giovanni博士が、スイス・タイ商工会議所のメンバー全員にSemiotic Transfer AGの最新の翻訳テクノロジーソリューションを紹介しました。翻訳メモリデータベースマネジメントとも呼ばれるこの技術は、多言語化で活躍し、広告媒体での成功を求める企業にとって、重要な鍵となるものです。翻訳メモリデータベースがあることで翻訳者は、同じ企業から続きの翻訳依頼が入った場合、過去の翻訳データをクリック一つで再利用することができます。これにより時間もコストも大幅に削減することができるだけでなく、品質も確保できます。

Vortrag_Giovannini













イメージダウンを危惧なさったり海外でのビジネスが思うように進まぬとお悩みではありませんか?

成功を導く重要な競争力はなんといっても広告のキャッチコピーです。そしてそれは当然外国語でも、パンフレットから製品カタログ、ウェブサイト、ニュースレターなど、あらゆる広告媒体で求められます。

グローバル化したビジネス社会では、従来の標準翻訳だけではもう太刀打ちできません。だからこそSemiotic Transfer AGでは、創造力豊かでその土地の文化に根付いたマーケティング翻訳を専門としています。お客様の期待に応え、相手国の文化慣習に合わせたテキストを、正しいニュアンスでお届けします。

在バンコクのSemioticTransfer-Asiaは、東南アジアで活躍し、品質のよさを心がける企業の強力なパートナーです。

SemioticTransfer-Asiaの代表はThomas Gerberと彼が経営するTrina Management(Thailand) Co. Ltd.です。

Thomas Gerberは、現地の市場を熟知した専門家で、スイス・タイ商工会議所の理事も務めています。

View of Amphawa Floating market, Thailand











どんなことでも、ご遠慮なく気楽にお問い合わせください: contact@semiotictransfer.asia